カメラと自分 ~たじ編~

今日はカメラを始めたきっかけ、カメラ購入、カメラと自分の歴史について書きたいと思います。

写真との付き合い

幼少期

それこそ記憶があいまいな、小学校低学年頃までは特に写真に対して何も思うことなく構えることもなく、向けられたカメラに笑顔を返すこともあったようです。

Mappy Photo Blog

小学校高学年~高校

いつしか写真嫌いになりました(笑)

カメラを向けられたら睨む、写真を撮られたくないから、カメラを奪う!(当時はインスタントカメラが主流。家にあったカメラもフィルムカメラです。)

たまにはちゃんと写っているけど、たぶん、恥ずかしかったんだと思います。

この時撮った写真は、別に特に良いわけでも悪いわけでもない、いたって普通です。バランスだけは昔から気になる方だったので、人が切れたり、建物が切れたり、傾いていたりということは少なかったです。

高校3年

当時サッカー部でキーパーをやっていたのですが、最後の関東大会で、応援に来てくれた直接接点のない先輩がかなり望遠の効くカメラで試合中の写真を撮ってくれていました。

後日、その写真をもらって、写るのは嫌いだったけど、この時は素直に嬉しかったです

そして、写真に写ることへの抵抗感が若干薄れると同時に自分も撮りたいと思いました。

カメラとの付き合い

初めてのカメラ購入

大学に入り、自分のカメラといってもデジカメ(画素数は確か400万画素とかそこら)を購入。

当時、カメラの主流がインスタントカメラからコンパクトデジカメにようやく変わってきた頃でした。

Mappy Photo Blog

初めて購入したデジカメ

当時のデジカメでは、望遠がかなりできるほうだったので、サッカーを撮るなら望遠できなきゃと選んだ気がします。

今と違って、携帯もiPhoneなどなく、ガラケーで辛うじてカメラ機能が付いたくらい。手にしたデジカメは基本いつでも持ち歩いてました。

しかし、カメラを持っていても恥ずかしいので堂々とこっちを向いてと言って写真を撮ることができない。

結果、盗撮みたいな写真を量産。

今見返すと、ほんとひどい。

一眼デビュー

大学4年生のとき旅行で京都に行った際に、社会人になったバイトのときの先輩と再会。
先輩は、一眼レフを持っていて、触らせてもらって、自分も欲しくなりました。

早速、カメラ店に行って、迷いに迷って、まず持ち運ばないことには意味がないので軽いものをということでオリンパスの一眼レフ(名前は覚えてません)を購入。

一眼デビューしました。

カメラが大きくなったことで、さすがにきちんと構えて撮ることも意識するようになりましたが、やはり盗撮のような適当な写真もたくさん撮っていました。

何が良いのかもわからず、こんなものかと適当に写真を撮る。

そんな中、バイト先の社員さんに自分のカメラを渡したところ、一枚で自分の撮っている写真とは比べ物にならないくらい一目で「良い!」と言える写真を撮ってくださいました。

自分もそんな写真を撮りたい!と思ったものの、カメラの設定や構図の勉強はせず、ひたすら撮るだけ撮る、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」作戦です。

あまり納得いくような写真は撮れていませんが、とりあえず撮った写真をみんなに送ると喜んでもらえるということで撮りがいを感じました。

デジカメ2号・一眼レフ2号へ

枚数だけは撮る作戦続けていたので、友達の結婚式や旅行など、たまには良さそうな写真も出てきました。

なんとなく次のカメラにするべきかと思い、まずデジカメをソニー(かなり望遠で撮れます。盗撮みたいな写真は健在。笑)に、ちょっとして一眼レフはキャノンに変更しました。

そして、あとで見てその時の光景が思い出せる楽しい写真が撮れるように、少しはなってきたのではないのかと思います。

Mappy Photo Blog

大量撮影は変わらないけれど、カメラの設定や構図についてもきちんと勉強し、考えて撮るようになりました。

一眼レフ3号へ、そして量より質へ

一眼レフ2号はアメリカでどこへでも基本持ち歩いていたのですが、使いすぎか調子が悪くなってきました。

ときたら、次へ替える時がきたということで、今のカメラに変更しました。

ずっと大量撮影、量があればいいものもあるはずという作戦でしたが、写真をたくさん撮るということは、同時に写真整理に膨大な時間がかかります。

一日に1,000枚、多い時は3,000枚なんて撮っていたら、そのうちから良い写真を探し出すために、全部見返すのが大変で、そもそも初めから良い写真を撮れたらそんなに大量に撮る必要ないんじゃないかという原点に戻りました。

最近では、枚数よりも1枚1枚をきちんと撮れるように、楽しんで撮影し、写真を見ればそのときのことがはっきり思い出せるような写真を撮るように心掛けています。(まだまだ枚数多い方ですが)

Mappy Photo Blog

カメラと自分

以上、長々と書いてまいりましたが、一眼レフを初めて持ってからもう10年も経っていました。

始めから被写体は、「人」が中心です。次に「動物」。風景写真は全然撮る気にならず、備忘録として一応撮っておく程度です。

常に新たな試みをしつつ、楽しんでみんなに喜んでもらえるような写真撮影をずっとしていきたいと思います。

プランと料金

ウェディング・七五三・成人式・誕生日・サプライズ・ニューボーン・ベイビー・イベント・ポートレイト・・・人なら誰でも、どんな場面でも撮りに行きます。
詳しくは、各プランをご覧下さい!

目指すは「飾りたくなる写真!」