スマホで子供を上手く撮る3つの意外な方法!!

こんにちは!Mappy Photoのえりなです!

最近はほとんどの人がスマホを持っていて、お子様がいる方はカメラを出さなくてもスマホでサッと写真が撮れるようになりましたよね!

そこで今回はスマホで子供を上手く撮るちょっとしたテクニック3つをご紹介します!

注:使用写真は全て一眼レフで撮影したものです。




スマホで子供を上手く撮る3つの意外な方法!

意外度Level. 1 子供と同じ目線の高さで撮る

子供は大人よりも背が低いので、上から撮ってしまいがちですが、それはそれで身長差がわかるような写真で将来見返したときに”こんな小さかったんだ!”とわかっていいかと思います!

ですが、そこにさらにプラスしたいのが子供と同じ高さで撮るということです!!!

同じ目線で撮ったほうがより子供に近い距離で撮ることができて、より自然な表情を撮ることもできます

上からだと撮れなかった輪郭、目の大きさもよりリアルに撮れます!

親子の身長差を残したい時は上からでもいいですが、表情を優先させる場合は子供と同じ目線の高さで撮ることをオススメします!

意外度Level. 2 室内よりも屋外で撮る

七五三

室内だとどうしても電気の色や壁の色の関係で写真の雰囲気が変わってしまいます。

写真を撮り終わってから編集する場合には問題ないのですが、編集をしないという方は外で撮ると太陽の光で写真全体がきれいに見えます。

さらに外だと奥行きもあるので背景がボケやすく、全体的にすっきりとした写真に仕上がります!

外で自然の光を使いながら撮るのが一番早くきれいに仕上がる秘訣です!

意外度Level. 3 名前を呼ばない

Mappy Photo お宮参り Kids

写真を撮るときにこっちを振り向いてもらうために”○○ちゃん!”と呼んでしまいがちですが、呼んでこちらを振り向く時ってだいたい真剣な顔をしていることが多くあります。

大人でも名前を呼ばれて振り向くとき、満遍な笑顔の人はあまりいないですよね!(笑)

大人も子供も同じです!

なので、もしこっちを向いてほしい場合は名前は呼ばず、何か音を出す、音が出るもので遊んでみる、楽しいお話をする、などしてみると振り向いて笑顔で近寄って来てくれることが多いです!!!




スマホで子供を上手く撮る3つの意外な方法!まとめ

  1. 子供と同じ目線の高さで撮る
  2. 室内よりも屋外で撮る
  3. 名前を呼ばない

ぜひこの3つの方法を使って、たくさん子供の写真を撮ってみてください!

プランと料金

ウェディング・七五三・成人式・誕生日・サプライズ・ニューボーン・ベイビー・イベント・ポートレイト・・・人なら誰でも、どんな場面でも撮りに行きます。
詳しくは、各プランをご覧下さい!

目指すは「飾りたくなる写真!」