【要注意】浅草で着物・浴衣を借りる際に気をつけたいこと!

こんにちは!Mappy Photoのたじです。

先日、浅草で着物や浴衣を借りる際に気をつけたほうがよいなと思ったことがあったのでまとめました!

「冬は初詣で着物、夏は花火大会やお祭りで浴衣」

と、浅草の着物・浴衣レンタル店は30店舗以上あり賑やかですが、ちょっとでも嫌な思いをしないために、ぜひご活用ください!




浅草で着物・浴衣レンタル時の注意点

1.予約する

「これに尽きる!」

と言ってしまってもいいくらい、これに尽きます!

着物や浴衣を借りる予定がはっきりわかっているなら絶対に予約しましょう!

多くのレンタル着物屋さんでは、ネット予約割引があります。

インターネットで事前予約だと、どんな着物や浴衣があるかわからないという不安な面もありますが、レンタル予約時の注意点は別記事でまとめます。

2.看板に惑わされない

浅草では30店舗以上のレンタル着物屋さんがあります。

そのため、大きな看板で実際には数点しかなく借りられない、安い着物・浴衣の料金を大きく表示したり、インターネットでの割引料金を表示したりしています。

表示されている料金だと思ってお店に入ると、実際それより1,000円以上高くてびっくりすることも!

どこのレンタルでも着物などの柄によって料金が変わります。
さらに、汚したとき用の保険に入ることも必須で324円~かかることがほとんどです。

どんな着物があるか見るだけでもよいと言われ、お店に入り見て、良いのがなかったので、借りるのをやめたら着付けの人から「借りないの?!」と強めに言われたという方もいます。

看板の料金に惹かれても、時間があるときでしたら、調べてからお店を選びましょう!

3.お店の場所を考える

レンタルショップの場所を考えるのは事前予約するときでも必要な注意点です。

しかし、当日行ってからお店を調べ借りるのでも注意が必要です。

浅草のメインの観光どころは浅草寺ですが、スカイツリーも歩いていける距離にあり、着物や浴衣を着てからたくさん歩くことになります。

そこで気をつけたいのが足元!!

着物や浴衣を着たときには、下駄もレンタルされます!
普段の靴ではなく慣れない下駄で長時間・長距離歩くことになりますので、足が痛みます。

そんなとき観光場所から遠いお店で借りてしまっていたら返しに行くのも一苦労

行く予定の観光スポットと着物レンタル屋さんの距離も考えてどこで借りるのか選びましょう!

4.荷物は預けるのに最低限に

着物や浴衣を着て大きな荷物を持って出歩くのは大変ですよね?!

でも、大丈夫です!
レンタル屋さんで荷物は全て預かってくれます。

携帯や財布などの貴重品だけレンタルされる巾着袋の中に入れ出かけましょう!

ただし、きちんと荷物の管理はしてくれるはずですが、外国人の観光客も多く間違って持って行かれないとは言い切れません!

不必要なものはできる限り持って行かないようにしましょう!




浅草で着物・浴衣を借りる際に気をつけたいこと!まとめ

いかがでしたでしょうか?

浅草で着物・浴衣を借りる際に気をつけたいことは、

  1. 予約する
  2. 看板に惑わされない
  3. 場所を考える
  4. 荷物は預けるので最低限に

です!

せっかく借りて、浅草の雰囲気を楽しむなら後悔しない着物・浴衣選びをしてたくさん写真を撮りましょう!




Mappy Photoは二人組で東京中心に全国出張撮影・アルバム作成しています。

結婚式・七五三・お宮参り・成人式・誕生日・記念写真などどんなジャンルでも二人で写真を撮影します!

大切な思い出を”写真”という形に残しましょう!大人気のショートムービー付きです!

Mappy Photoについて気になった方はこちら Mappy Photoについて

プランと料金

ウェディング・七五三・成人式・誕生日・サプライズ・ニューボーン・ベイビー・イベント・ポートレイト・・・人なら誰でも、どんな場面でも撮りに行きます。
詳しくは、各プランをご覧下さい!

目指すは「飾りたくなる写真!」