アメリカ、ニューメキシコ州の絶景写真スポット~ホワイトサンズ国定公園~

こんにちは!Mappy Photoのたじです!

今日はアメリカの真ん中下の方に位置するニューメキシコ州にある「ホワイトサンズ国定公園」についてご紹介します!

ホワイトサンズ国立公園 アメリカ



White Sands National Monument(ホワイトサンズ国定公園)とは?

アメリカ・ニューメキシコ州の真ん中から南に約710平方kmにも及ぶ広大な白い大砂丘地帯で、アメリカも国定記念物に指定されています・

白い砂の正体は、石膏(せっこう)!

石膏は水溶性のため、砂の形で見つかることは滅多にありませんが、ここでは砂になっています。
また、普通の砂ではなく石膏の砂なので、太陽光のすぐに熱に変えず、日差しが強い割に素足で歩くこともできます!

ホワイトサンズ国立公園 アメリカ

ホワイトサンズ・ミサイル実験場が同じ敷地にあるため、道が通行止めになることが1日1~2時間あるようです。

場所

住所:19955 US-70, Alamogordo, NM 88310 USA

※アメリカ中部の南にあるため、とても遠いです!

行き方:
①ツアー…日本からだとたまにスペシャルツアーを見かけますが、人数集まらなかったら催行にならないのが多いです。あっても、料金高し。

②車(レンタカー)…

  • El Paso(エル・パソ)の空港から車で2時間
  • Albuquerque(アルバカーキ)の空港から車で約3時間半

アメリカ横断の車旅行などでないのでしたら、どちらかの空港から行くのがオススメです!

ちなみに私は、Los Angeles(ロサンゼルス)から車でぶっ通しで12時間かけて行きました。

入園料・営業時間

一人5ドル(15歳以下無料)

ビジターセンター:8:00~18:00

デューンズドライブ(Dunes Drive):7:00~21:00(冬季は日没)
※それ以外は車で入る事不可

注意点・持ち物

  • 日焼けどめ
  • サングラス

この3つは絶対に忘れないでください!

一面の白い砂は太陽光を跳ね返し、サングラスをしていても眩しいです。
また、日焼けもしますし、乾きが半端ないです。

本当に脱水症状起こすので、水は適宜飲みましょう!

写真スポット・観光スポット

ビジターセンター

入口にあるビジターセンターはぜひ行きましょう!
(アメリカの国立公園はビジターセンターは入口にあることが多いです。)

ホワイトサンズ国立公園 アメリカ

中には、ホワイトサンズの成り立ちや歴史、砂の性質などの説明と、

ホワイトサンズ国立公園 アメリカ

ポストカードなどのお土産類と「そり」が販売されてます!
※そりはレンタルもあります。

そりは日本で子どもたちが遊ぶものと同じものです。
なぜ、そりがあるかというと、そうです、この白い砂の上を雪のように滑るため!!

ここまでせっかく行ったのだったら絶対にそりを借りて、白い砂の上を滑りましょう!

入ってすぐの舗装されているところ

ホワイトサンズ国立公園 アメリカ

ビジターセンターを車で通過し、少し行くとまだ雑草も残っている場所に舗装された歩道みたいなもの発見します。

こちらにはホワイトサンズの特徴が書かれた説明板などがいくつかあります。

ホワイトサンズ国立公園 アメリカ

説明は全て英語なので読まない人はさくっと通り過ぎましょう!

※写真スポットはここではありません!!

一面広がる白い砂(どこでも!!)

もっと奥に車で進むと、気がついたら一面白い砂の中。

ホワイトサンズ国立公園 アメリカ

とてつもなく広いので人がいない場所で好みの丘を選んで車を止めて撮影そりに楽しみましょう!

ホワイトサンズ国立公園 アメリカ

車で行けるところからいくつか歩くトレイルも出ていますが、それらを歩かなくても絶景です。

トレイルは最長のもの(Alkali Flat Trail)で約8kmもあるので、日差しが強い中、水を十分持ち歩ける自信がある方のみ挑戦してもよいかもしれません。

基本的に奥に行けば行くほど、みんなの足跡がありません!

ホワイトサンズ国立公園 アメリカ

白い砂の中に一つの花を奇跡的に発見しました!

サンセット・サンライズ

時間がある方にはぜひ写真撮って欲しいのがサンセットとサンライズ!

一面広がる白い砂がピンクになる様子はとても綺麗みたいです!

私たちは詰め詰めの予定で滞在できなかったため、撮影できず無念。




White Sands National Monument (ホワイトサンズ国定公園)まとめ

いかがでしたでしょか?

私が行ったのは3年前の2016年のため、風景写真に力を入れておらずホワイトサンズの魅力を十分に引き出す写真を紹介できなかったのが残念です。

ネットで検索してみたら、きっと素晴らしい写真も出てくるので見てみてください!

ちなみに、砂や植物・動物を持ち帰る行為は禁止されているので絶対にしてはいけません!
(けれど、したくなくても砂はズボンについて車に入り込んできます。)

写真スポットとしては、風景写真と色々なポーズ撮影や小物も使って撮影するポートレートやブライダル写真がオススメです。

一面白い砂なので、特にポーズを取ったりしなければ、淡白な写真となっています。
小さなお子様がいらっしゃると環境的に過酷かもしれません。

撮影に夢中になって道に迷わないようにしましょう!水分摂取も忘れずに!

アメリカ「ホワイトサンズ国定公園」フォト向き度

  • 風景写真:★★★★★
  • ポートレート:★★★
  • キッズ:★
  • ファミリー:★
  • カップル:★★★
  • ブライダル:★★★★★
  • 訪問難易度 ★★★★★
  • 所要時間 3~5時間
  • 周辺観光地 サンタフェ、カールズバッド洞窟 ※周辺といっても遠いです。日本とは距離感違うので注意。

Mappy Photoでは日本国内様々なロケーションで撮影可能です!
アメリカは案内できるので、将来的にはご旅行に専属カメラマンとして同行させてもらうのもありかも?!

Plan-Price




プランと料金

ウェディング・七五三・成人式・誕生日・サプライズ・ニューボーン・ベイビー・イベント・ポートレイト・・・人なら誰でも、どんな場面でも撮りに行きます。
詳しくは、各プランをご覧下さい!

目指すは「飾りたくなる写真!」