【比較検証】 iPhoneXs登場!iPhoneで撮った写真と一眼レフで撮った写真、見分けられる?~イルミネーション編~

こんにちは!Mappy Photoのたじです!

前回、前々回の比較検証、

【比較検証】iPhoneで撮った写真と一眼レフで撮った写真、見分けられる?~夜景編~

【比較検証】iPhoneのカメラ機能の進化を追った!~料理編~

に続いて、iPhoneカメラの比較検証シリーズ第3弾!ついにiPhoneXs登場です!

歴代iPhone6, 8, X, Xs VS 一眼レフで同じ場所でイルミネーションを撮影しました。
果たして結果はいかに?!



【問題】あなたは見分けられる?

では、早速問題です!

以下の5枚、①iPhone6、②iPhone8、③iPhoneX、④iPhoneXs、⑤一眼レフ(Canon EOS 5D MarkⅣ)のどれで撮ったものでしょうか?

※5枚ともピントを同じ位置に合わせて、ほぼ同じ場所で撮影。
※明るさも加工も全く何もしていません。
※一眼レフはカメラで撮影時JEPG書き出ししたものをそのまま使用。
※全てサイズが大きすぎるため横幅750ピクセルに縮小して表示。

A.

Mappy Photo Blog

B.

Mappy Photo Blog

C.

Mappy Photo Blog

D.

Mappy Photo Blog

E.

Mappy Photo Blog

どうでしょう、わかりましたか?

【解答】正解は?

答え合わせです!

A. ②iPhone8
B. ④iPhoneXs
C. ①iPhone6
D. ⑤一眼レフ(Canon EOS 5D MarkⅣ)
E. ③iPhoneX

いかがでしたか 🙂 ?全て合っていましたか?
これはかなり難しかったのではないでしょうか 🙄

正直言って、私は外しました・゜・(ノД`)・゜・



【解説】画像サイズなどデータ検証

では、恒例のデータ検証です。細かく見てみましょう!
※とっても細かいので、興味ない方はさーっと読み流してください!
その前に、今回比較するにあたって、合わせた点を書いておきます。

画像の大きさを長辺750ピクセルで統一

元々どの写真も、このサイズより全然大きいのですが、当ブログをパソコンやスマフォで読み込む上で、大きすぎると時間がかかってしまうので、統一しました。

通常の写真比較でしたら、画像の大きさを小さくすることで、比較に影響はないものと考えられるのですが、今回は画質やノイズの差以外は違いがパットわからないため、大きな画面やプリントで見比べないと判然としない事態となってしまいました。ピクセルとは、コンピューター上のデジタル画像の1粒子のことで、簡単に言って長さの単位のこと。
解像度350のとき、750ピクセル=5.44センチメートル くらい。

撮影データ公開!

※比較しやすいように、iPhone6⇒8⇒X⇒Xs⇒一眼レフの順番で公開します。

① C. iPhone 6

Mappy Photo Blog

② A. iPhone 8

Mappy Photo Blog

③ E. iPhone X

Mappy Photo Blog

④ B. iPhone Xs

Mappy Photo Blog

⑤ D. 一眼レフ(Canon EOS 5D MarkⅣ)

Mappy Photo Blog

注目要素の比較

注目したいデータを比較して見てみます!

画像サイズの大きさとサイズ

大きさは、iPhone 6 < iPhone 8 = iPhone X = iPhone Xs < 一眼レフ

サイズは、iPhone 6 << iPhone 8 < iPhone X < iPhone Xs <<< 一眼レフ

これらは、画質に直接関係してきます!
スマホなどの小さな画面では圧縮されているので違いはわかりにくいですが、拡大して見たり印刷すればノイズが入っていたりはっきりと違いがわかると思います。

露出時間

今回注目したいのが露出時間です。簡単に言うと、シャッター速度のことです!
これは、長ければ長いほど、光を取り込むので写真は明るく、短ければ短いほど写真は暗くなります。

iPhone 6 ⇒ 1/30秒
iPhone 8, X ⇒ 1/17秒
iPhone Xe ⇒ 1/50秒
一眼レフ ⇒ 1/100秒

となっていて、一眼レフが一番速いシャッター速度で8とXが一番遅くなります。

シャッター速度が遅い、つまり長時間となると、ブレが発生しやすくなります。
なので、拡大してよーく見ると、若干ぶれてます。

iPhone Xeと一眼レフの写真が暗いのはこの露出時間が短いことも要因の一つに考えられます。

iPhoneでは、露出時間は自分で細かく設定できずにiPhoneで勝手にやってくれます。

今回、一眼レフは、マニュアルモードで撮影していて、この写真を撮影する前に撮影した設定のままでした。
この撮影場所に合わせて設定して撮ったら、また違ったものになります!

iPhoneと一眼レフのイルミネーション写真を見比べて、感想・まとめ

結論から言うと、

iPhone6~Xsまでと、さらに一眼レフでイルミネーションだけを撮影し、携帯などの小さな画面で見た場合、

そこまで大きな差はありません!

写真の用途が携帯で誰かに見せるなどでしたら、iPhoneだけでも十分、さらにはシリーズもあまり関係ないという結果になりました!

しかし、

印刷したり、パソコンなどの大きな画面で見る場合は、画質に明らかな差が見て取れますので、iPhoneでしたらより新しいシリーズ、さらにきちんと設定した一眼レフで撮影することをオススメします!

今回の比較の残念ポイントとして、人物撮影で比較しなかったことがあげられます。
せっかくiPhone Xsがあったのだから、人物撮影で比較すべきでした!

また、次回への課題とします。

夜景と人の写真をきれいに撮るのは難しい?そんなときは出張撮影のMappy Photoへ!

ロケーションフォト(出張撮影)




プランと料金

ウェディング・七五三・成人式・誕生日・サプライズ・ニューボーン・ベイビー・イベント・ポートレイト・・・人なら誰でも、どんな場面でも撮りに行きます。
詳しくは、各プランをご覧下さい!

目指すは「飾りたくなる写真!」