一眼レフ初心者が初めに理解したいこと!【カメラの露出トライアングル】

こんにちは!Mappy Photoのたじです!

一眼レフ初心者が写真上達するためには数々のステップがあります。

完全初心者のための写真上達法【カメラを買っただけでは上手くなりません】

その中でも技術的な側面にあたる、「オート撮影を卒業する」ということについて、これから深く解説していきます。

今回はまず理解したい「カメラの露出トライアングル」について見ていきましょう!

  • 写真楽しい!もっと上手くなりたい!
  • オートモードで撮影しているけれどマニュアルモードで撮影してみたい
  • たくさん写真撮ってるけれど思ったような写真にならない
  • 実際見た景色より写真の方が明るい・暗い

 

という一眼レフ初心者の方がいたらぜひご一読ください!




一眼レフ初心者が初めに理解したいこと!【カメラの露出トライアングル】

写真を撮ったら、実際に見た景色と写真に写る景色の明るさが違っているということを経験したことはありますか?

  • 実際目に見たら人の顔も判別できるくらいなのに、写真だと真っ暗で顔がわからない。
  • 実際は空がとても青いのに、写真だと白い。

あるいは、構図はばっちりなのに自分がイメージしていた写真と撮った写真が何か違ったことはありますか?

露出

たじ
たじ
くらっ!!

上記の写真撮影の悩みを解決するには、写真の明るさをコントロールすることが必要です!

しかし、カメラ任せの設定(オートモード)に頼っていては、思ったような明るさを出すことは困難!

一眼レフ撮影の写真上達の一つとして、オートモードでの撮影を卒業し、マニュアルモードで撮影できるようになることがあげられます。

実際、完全オートモード撮影と完全マニュアルモード撮影の間に、一部の設定だけカメラ任せであとは自分で設定もできる中間の設定もあります。

写真の明るさをコントロールし納得のいく写真を撮るための技術面での上達として、まずは基礎である「露出」について理解しましょう!

露出とは?

疑問
疑問
露出(ろしゅつ)って何?

わざわざ難しい言葉を使わなくてもいいじゃん!という感じですが、

露出とは、写真を撮るときに取り込まれる光の量を調整すること

をいいます。

要するに簡単に言ってしまえば、写真の明るさを調整することです!

露出を決定する要素は3つ!

写真の明るさを決定する露出ですが、露出は次の3つの要素によって決められます!

露出を決める3要素
  1. ISO感度…カメラが光をとらえる能力、感度のこと
  2. 絞り…写真を撮るときレンズが光を取り込むために開く大きさ
  3. シャッタースピード…シャッターが開いている時間

 

ISO感度・絞り・シャッタースピードの3要素が綿密に絡みあって、露出は決定します!

そして、最も重要なことは、この3つの要素のうちどれか1つの設定を変更したら、他の2つにも影響を与えるということです。

なので、決して1つの要素だけを単独に他と切り離して考えることはできません。

他の2つの要素についてもいつも頭に入れておく必要があるのです。

※オートモード設定なら、カメラが自動で露出(3要素)を決めてくれます(自動露出)。カメラの撮影モードについてはもしかしたら後でブログにするかもしれません。

※マニュアルモード設定ならISO感度・絞り・シャッタースピード全てを自分好みの数値に変えられます!

露出トライアングル

ISO感度・絞り・シャッタースピードは単独ではなく3つ全てが関係し合って露出を決定することから、その関係性をわかりやすく「露出トライアングル」として表されます。

写真上達法 一眼レフ初心者 露出トライアングル

この3つの設定を色々変えて、同じ構図で写真を撮ってみました。

露出 写真上達

こんな感じでISO感度、絞り、シャッタースピード(SS)を変えると、明るさがわかりやすく変わります!

3つの要素が関係しあって露出を決めることは、例えるなら、窓と開け閉めするブラインドシャッターです。

「絞り」が窓の大きさ。
大きければ大きいほど光を取り込み、部屋は明るくなりますね。

「シャッタースピード」は窓のブラインドシャッターを開いている時間。
長ければ長いほど、光は入ってきます。

そこで、自分は部屋の中でサングラスをつけているところを想像してみてください。

あなたの目にはサングラスによって光を感じることが鈍くなりますね。これは低い「ISO感度」と同じです。

ここで、窓から取り込む光の量を増やし明るくする方法を考えてみましょう!

窓を大きくしたらたくさん光は入ってくるし、ブラインドシャッターを長く開いていても光をたくさん取り込めます。

サングラスを取ってもたくさんの光を取り込むことができますね!

逆のことをすれば、暗くもなります!



一眼レフ初心者が初めに理解したいこと!【カメラの露出トライアングル】まとめ

写真を思ったような明るさにすること=露出を決めるには、ISO感度、絞り、シャッタースピードの3要素が重要!

露出を決める3要素
  1. ISO感度…カメラが光をとらえる能力、感度のこと
  2. 絞り…写真を撮るときレンズが光を取り込むために開く大きさ
  3. シャッタースピード…シャッターが開いている時間

 

オートモードでの撮影では、カメラが自動でこの3要素の数値を決めてくれます(自動露出)。

※Av(A)モードでは、絞りと露出は自分、Tv(S)モードでは、シャッタースピードと露出は自分、残りはカメラが決めてくれます。

しかし、自分のイメージ通りの写真を撮るためには、カメラ任せではなく、この3つの要素、ISO感度、絞り、シャッタースピードが関係し合って写真の明るさを決めることを充分に理解しすることが重要です!

とにかくたくさんカメラを実際に触って数値を替えて写真を撮ってみて、どれを変えたらどう変わるか肌で感じることで、カメラの設定について経験として身につけていきましょう!

実践に勝るものはありません!

※ISO感度、絞り、シャッタースピード、それぞれを変更すると、どのように写真が変わるか、また別のブログにします。




プランと料金

ウェディング・七五三・成人式・誕生日・サプライズ・ニューボーン・ベイビー・イベント・ポートレイト・・・人なら誰でも、どんな場面でも撮りに行きます。
詳しくは、各プランをご覧下さい!

目指すは「飾りたくなる写真!」